自動車保険を安くしたければ保険会社を替えるが吉

自動車保険を安くする方法はけっこう色々ありますが最も効果的なのは・・・保険会社を変えることではないでしょうか?

自分以外運転させない

単純にスペースギアを”自分しか運転しない!”と決めてしまえば保険は安くなります。

”本人限定”+”30歳以上限定”とすれば保険料はだいぶ安くなるようです。スペースギアは乗用車から乗り換えると運転席の高さからかなりの違和感を覚えますしハンドルの切れ角も少ないので狭い駐車場での取り回しも大変ですから運転したがるご家族もあまりいないでしょう。いっそ”限定”を増やせばその分保険料は節約できます。

時々家族の車を借りる場合

免許は取ったが当分の間は親の車を借りる。

免許を取ってスグに車を運転したいのでしょうがチョッと待ってください。その前に自動車保険の契約内容を変更しないと事故を起こした時に保険が使えません。

車の保険の年齢制限を”全年齢”にすると急に保険料が高くなるのでこういう時は”子供年齢特約”を付加するとワリと保険料の上昇を抑えることができます。

免許を取って車を買う場合

免許を取って生まれて初めて自分の車を買う時に”新規”で新たに保険に入るとたぶん恐ろしいくらい高い保険料になると思います。

こういう時は”親の保険等級を譲ってもらってください”

保険等級は配偶者と同居の親族に譲ることができます。親の保険等級で保険に加入して、親には申し訳ありませんが新規で保険に加入してもらいます。

そうすることで全体として免許取りたての人が保険に加入するよりは安くなる場合もあります。

搭乗者障害保険を外す?

人身傷害保険に入っていればそこから搭乗者の治療費や補償を受けられるので搭乗者傷害保険を外してもそれほど問題ないかもしれないということ。

ついでに人身傷害保険の支払い上限を”無制限”から落とすことで保険料を下げることができるようです。

確かに裁判では1億円超の請求でも判決は数千万円・・・っていうのがほとんどですからねェ。

無駄な特約を外す

”弁護士特約””日常生活賠償保険”などは傷害保険や火災保険に無料で付帯していることが多いそうです。確認して重複しているようなら外すべきでしょう。

更に”代車特約”もどうかな・・・・

ディーラーと違って普通の修理工場には普通に代車あるし、どうしても代車が無い時は保険会社に相談して代車を用意できる修理工場を紹介してもらうこともできるし・・・・

実際何とでもできるんですよねェ。

車両保険は免責をつける

車両保険を付ければ事故の時自分の車の修理代金を自動車保険で賄う事ができますが、その分保険料は高くなります。

でもその車両保険に”免責”を付けると保険料はグッと安くなります。

免責って要は保険会社の免責金額の事で”自己負担額”のことですね。例えば車をガードレールにぶつけた単独事故で修理代が15万円かかったとします。この時車両保険の免責が5万円であれば5万円差し引いた10万円が保険会社から支払われ、残り5万円は自己負担となります。

免責は大きいほどいいかも

車両保険の免責ってチョッとガッカリなような気がする人もいるかもしれませんがチョッと待ってください。

免責無しの車両保険に入ってても小さな事故で修理代が10万円以下なら私なら保険を使わずに現金で修理します。理由は

保険を使うとその後保険料が上がって逆に損かもしれないから。

20~30万円もかかるなら車両保険で修理したり事故車は廃車にして別の車を購入したりするものです。意外と車両保険って使わないんですよねェ。

ちなみに自分の車が”全損扱い”になれば免責は無く満額出ますし、免責はいっそ10万円くらいに上げれば保険料もグッと安くなるのでオススメです。

保険会社を変える

保険会社も一種携帯電話会社みたなもので・・・・

同じ保険会社に永く加入していてもメリットは少ない!

損害保険各社は顧客を集めるために常に魅力的な保険商品を出していますし、加入する保険会社を変えても自身の保険等級はそのまま引き継がれるので

特別な理由が無い限り保険会社は変えるのがベスト!

自分の考え方に合致する保険会社を一括検索サイトで探してみませんか?

自動車保険はまだまだ安くなる

自動車保険は自分の好みに合わせて組み替えるものだと思います。

でも普通の人はその内容がワケ解らないので保険屋さん任せにして、保険屋さんは適当な商品の組み合わせを顧客に提示しているだけ。

搭乗者保険や各種特約などのように他の保険と重複するものや要らないものを整理すると、今よりも保険料が相当額安くなるのは間違いありません。

特に30歳以上の方やご結婚された方などは他社と比較見直ししてみる価値はかなり大きいでしょうね。

ドライブレコーダーを使え

ドライブレコーダー 最新売れ筋ランキング

相手のいる事故だと”過失割合”なんてもんがありますが、その割合がどうであれ1割でも保険を使えば保険等級は”3つ”落ちます。

お互いに落ち度があればそれほど過失割合にこだわる必要も無いかもしれません。しかし

“10:0″を主張したい時ってありますよね。

例えば停車中に後ろから追突
停車中に前からバックで逆突
走行中に真横の駐車場などから出てきた車に側面衝突

パッと考えてもコレぐらい浮かびます。こういう時相手の保険会社は大抵・・・・

全力で10:0を避けようとします。

なぜかは解りませんがそれが保険屋の”性”なんでしょう。でもこちらは自分の責任なんて何も思い付きませんよね。第一こちらにほぼ過失が無いのに1割でも保険を使えば3等級下がって3年間は保険料が上がります。

事故の被害者なのに補償してもらえるどころか非常に損をします。

しかもこういう時はなぜか加害者は事実と違うことを言ってきたりします。

ですからこちらも自分に非が無いことを合理的に証明する必要があるわけで、ドライブレコーダーはそんな時の一助に必ずやなると思うのでこれからは必須の装備だと思います。

★ドライブレコーダーランキング★

自腹を切れば保険等級は変わらず

事故の過失割合が小さい時はいっそ保険を使わずに自腹で相手に支払う!という方法もあります。そうすることで自分の保険等級が下がることを防ぐわけです。

でも等級の高い人(20等級60%割引)が17等級(58%割引き)になっても5,000くらいしか違わないので等級の高い人は保険使った方がいいのかなぁ。

ちなみに過失割合は”1割2割・・・”と考えがちですが実は”0.5割”というのもアリなんだそうです。

ですからほぼ自分に過失が無いのに1割取られそうになったら

”0.5割にしろッ!”

っと交渉して保険を使わずに最小限度の自腹を切るというやり方もアリではないでしょうか。