朝フロントガラスが曇ってスタートできない!そんな時は

最近のように朝方急に冷え込むようになるとなぜか?フロンガラスが思いっきり曇っちゃって・・・・・

エアコンをONにして風向きをデフロスター(フロントガラス)にしてもなかなか曇りが取れなくてなかなか走り出せない!なんてこと・・・・ありますよね。

どうやら曇りの原因は“車内の湿度”と関係あるようです。

天気予報を見ればわかる

コレはヤフーの天気予報ですが、赤丸したところを見れば特異な状況がハッキリとわかります。

深夜と日中の湿度の落差が激しいんですね!日中の湿度に比べて深夜早朝の湿度が60%ほども上がってます!

コレでは窓も曇って当然です。で、エンジン始動後フロントガラスの曇りを解消しようとしてデフロスターのスイッチを押すと三菱車の場合

自動的に“外気導入”になりエアコンのスイッチがONになります。

この一見気の利いたシステムが仇になって、なかなか曇りが取れないんだと思うんです。何しろわざわざ“湿度94%の外気を車内に引き入れるんですからね。

ではどうする?

深夜早朝の湿度が異様に高い今の時期は“内気循環”でエアコンをONにするのがイイと思います。

前日の夕方に帰宅して駐車場に駐車したんだとすれば車内の湿度はそれほど高くないはず。ならば湿度の高い外気よりも低い湿度の車内の空気をフロントガラスに当てた方が曇りは消えやすいです。

実際にそうしてみたら僕は2~3分程度でスタートできるようになりました。

できればアフターグローが終了する程度(5分くらい?)暖機したいんですがあいにく近隣に住宅が多くあるので毎日長々と暖機できないんですよね。

ちなみに帰宅して駐車場に駐車する時にエアコンを“内気循環”にしておくと車内を外気から遮断できるのでより効果的になります。

エアコンが効かない?

梅雨時なんかだとフロントガラスが曇った時にエアコンのスイッチをONにするとたちどころに曇りが消えるのですが霜の降りそうな今の時期はあまり効果が期待できません。

あまりコンプレッサーが動かないから。

まぁたぶん“気温”と関係あると思うんですが寒くなってくるとエアコンのスイッチをONにしても意外にコンプレッサーは稼動しませんよね。でも僕は

よほど空気が乾燥でもしていない限り冬季もエアコンのコンプレッサーを動かした方がいいと思うんです。なぜなら

長い“停止状態”は故障につながるから。

知人から聞いた話なんですが、苦労の末ようやく自分の工務店を持った男性が生まれて初めて新車(セルシオ)を購入したそうですが、自分を戒めるためにエアコンは使わずに夏は窓を開けて3年ほど運転していたようです。でもある猛暑の年にどうしてもガマンできなくなり

エアコンのスイッチをONにしても、冷房は効かなかったそうです。

修理工場で点検を受けたらコンプレッサーがイカれていたそうです。原因は“永く使用していなかったから”

関東地方の冬は異常に乾燥しますが雪の降る地域は結構湿度があるのでエアコンのスイッチはONのままでもさしつかえ無いと思います。それほどコンプレッサーも稼ぎませんからね。

その方がコンプレッサーにとってもイイのかもしれません。

フロントガラスの曇りは取れたが

普段からエアコンのスイッチONで吸入空気の選択を“内気循環”にしておくことで朝のフロントガラスの曇りは止まりスグにスタートできるようになった!

しかし今度は・・・・・寒い・・・ですよね。

そういう方にホットシートをオススメします。僕も使ってます。なかなかエンジンが暖まらないのでヒーターもなかなか効きませんがコレがあると気になりません。 冬は“必須”かな?

クルマの流行モノはこちら