ABS警告灯が点灯しっぱなしなので診断機をかけてもらったが・・・

思いがけずの連休だったので普段なかなか行けなかった“D”に行って、点灯するようになって久しい“ABS警告灯”の原因を調べてみてもらった。

ABS警告灯は断線だけではなかった

整備士の方の説明ではABS関連では

  • シャソクセンサ
  • ステアリングセンサ
  • FLセンサダンセン

っと出ているようだ。左前のABSセンサー内部の細い小さな線が切れている可能性が高い!まぁそれはわかるが“ステアリングセンサ”?

あのステアリングの取り付け部分でハンドルと一緒に回るやつだよな?

あんなのがABSの制御系と一緒になっていたのか・・・・ちなみにアウトランダーやD:5ではリコールになっているらしくABSセンサーとステアリングセンサーは無償交換になっているようだ。

でもオレのスペギアちゃんは・・・・・5万弱(工賃込み)・・・・

頼むッ!自分でやるから部品だけくれェ~~~~~

ABSセンサーはどうやって交換する?

ついでにDではABSセンサーを外す時“どうやってる?”って聞いてみた。すると

「普通に抜くのはムリなのでセンサーの周りに電ドルと細い切りさきで複数穴を空けて緩めるようにして取り去ります」

そうか、やっぱりあの12mmのボルトを外しただけでは取れないのか。でもそういうやり方ならナックルまで顕わさなくても裏側からイケる!っということなのかな。

ABSセンサーは高価なのでナックル交換?

実は以前ナックル付近のABSのハーネスを切ってしまった時ABSセンサーを買いに行ったら“¥17,000”っと言われ泣く泣くハーネスを補修したがその後スグに別のナックルと交換した。そこで以前使っていたナックルに戻しました(笑)

“ナックル交換”って言うとだいぶ大変そうですが今まで

  • ドライブシャフトブーツ交換
  • ナックル交換
  • デフマウント交換

などで何度か外しているので別にどうと言うことも無くただやるだけでした。

ついでにロアーアームボールジョイント交換

実はDから“ロアーアームボールジョイントのガタ”を指摘されていたのでナックルを外した後手持ちのロアーアームボールジョイントと交換しました。その記事はこちら:異音の原因はロアーアームボールジョイントだった

取り付けの前にグリースアップでも・・・と思いましたがアッパーとは違いダストブーツが取れない構造なのであきらめてハブベアリングだけ少々グリースアップして復旧しました。

おぉ!直っ・・・ていない

エンジンをかけるとABSランプは消灯しました。しかし家路の途中ふとメーターパネルを見ると

・・・ABSランプがまた点灯している。

やっぱステアリングセンサーも交換しないとダメかぁ・・・・残念

ハンドルセンサー(ステアリングセンサー)交換した ABSランプ点灯