移動式オービス?警察の目が光る市街地でレーダー探知機が必要なワケとは

前々から議論の絶えない“レーダー探知機は必要か?否か?”という議論に終止符を打つかのようなニュースが飛び込んで来ましたね。

これからのオービスは“移動型”

スピード違反取り締まりは100年に一度の大改革期へ!?

今年の春辺りから“移動型オービス”の話題がチラホラネットでも登場するようになってましたがどうやら全国的に試験運用しているようですね。今までの固定式オービスとの最も大きな違いは

必ず警察官がその場に常駐している

っということ。過去に最高裁で負けた理由がどうやらこの辺にあるようで、そこで

「わかったよ。だったら警察官をそこに置けばいいんだろ?」

ってカンジのようですね(笑)

移動式オービスで最も怖いのは・・・

“確実に検挙される”

ってコトだと思います。っというのは今までの固定式オービスの場合予算の都合上だと思うんですが

  • フィルムが入っていない
  • そもそも電源が入っていない

ということで意外に検挙されないことも多く、その上

  • ナンバーの取り付け加減やサングラスなどで本人特定が難しい

というコトになるとせっかくの写真が廃棄処分されていたようですが、これからは確実に撮影されますしナンバーが見づらいとか付いていない!などという場合白バイやパトカーが待機していれば

整備不良&速度超過

の両方で検挙できます。しかも“移動式”ですから“どこでやっているのか?”我々にはわかりにくいので、取り締まる側の警察としては死角のなくなる移動式オービスは“願ったり叶ったり”なワケです。

我々にできることは?

色々あると思いますが一つは

  • 警察が公表している情報

警察は毎日その日取り締まりを行う場所を全てではありませんが毎日ラジオやネットで公表しています。ただしラジオにしろネットにしろ時間や場所の詳細までは出ないので注意が必要です。

  • 決して先頭は走らない

ずるい考え方なんですが車列の先頭を避けるのはアリです。僕自身今までに数回僕の目の前のクルマが捕まり、同じ速度で走行していた私がスルーだったことがありました!でも“オービス”となると・・・どうかな

  • 真後ろを走っているクルマに気をつける

覆面パトカーの可能性があります。見分け方としては1:黒っぽいクラウンやレガシーが多い2:天井の真ん中辺りがボッコリ下がってる(回転灯収納)3:バックミラーが2段になってる(助手席用)

  • レーダー探知機の装着

レーダー波をキャッチできるのはレーダー探知機のみですので移動式だろうがなんだろうが最も手堅い対策になるでしょうね。ただ最近は性能の向上と共にお値段の方も上がってきています。

レーダー探知機ランキング

  • ドライブレコーダーの装着

「警察の取り締まりに“ドライブレコーダー”とは?コレ如何に?」って感じですがコチラの記事でも紹介しているように警察にも取り締まるための“一定のルール”というものが存在します。このルールを無視してテキトーに検挙などできるはずもありませんので警察官も相手のクルマの後方にカメラがあると思えばルール通りに追尾を行うでしょう。その時にキチンと対処できれば・・・ね。

  • スマホアプリの利用

現代は既にスマホの時代になってますがそのスマホにインストールして使うアプリにちょうどレーダー探知機のようなものが複数あります。ただこのテのアプリは過去に取締りを行った場所や衝撃を検知した時の前後10秒程度の画像の保存くらいの機能ですし全ての機種に上手く対応してくれるわけでもないようですので注意も必要ですが、興味のある方は1度利用されてみるといいかもしれませんね。セルスターの無料レーダー探知機アプリ■「ASSURA+LINK」iPhone版■「ASSURA+LINK」Android版ただしレビューを見ると微妙なところもありますので注意が必要です。

“レーダー探知機”に値段なりの価値が

現代のレーダー探知機は警察の取締りを音で伝えたりするだけでなく

ナビのような地図を表示しながら他のユーザーの情報も手に入れたり自車の状態を把握したり(スペースギアはOBD2ではないので不可)前の車との接近や発進遅れを警報したりわき見、居眠りを警報したりとまるで“安全運転支援システム”のような機能があったり(ユピテル製)

にわかには信じ難いような機能があります。その製品のユーザーによるレビューがその良さを物語っていますよね。

レーダー探知機ランキング

  • 移動式オービスが普及しそう
  • 他の機器では受診できない電波が受診できる
  • レーダー探知機以外の機能にも強く惹かれる

これらの理由から“無いよりはあった方が機器”っと言える事は間違い無さそうですね。