U62Tミニキャブ軽トラのエアコンガスを補充しました。ガス補充はエア抜きが最も大事

前回U62Tミニキャブ軽トラの電動ファンが直ったのに気を良くしてついでに10年以上おざなりであろうエアコンガスの補充を行った記事です。

以前からコンプレッサーが稼動している時間が長いのでエアコンガスの不足は感じていました。ちょうどいい機会なのでエアコンガスの補充を行いました。

エアコンガス補充セット買いました

ネットで134aガスとチャージホースのセットを買いました。

¥2,700程度でした。

メーターは付いてるしなかなかの充実セットではないでしょうか。

エアコンガスはたぶん一缶も使わないでしょう

補充程度だと1缶使わないと思います。なのでもったいないとか考えて無理に入れたりしないように。

逆に冷えなくなったりエアコンシステムが働かなくなったりしますよ。

必要なくらい入れたら残りは他の車に入れるかあきらめましょうね。

ガスをホースにセットして低圧バルブに接続

ガス缶をセットした時に缶に穴があかないようにチャージホースの穴あけ用蝶ねじを緩めて針を上に上げとく。

ガス缶をセットする。

エンジンをかけてエアコンを最強にする。

コンプレッサーのLのキャップを回して取りホースのチャックを取り付ける。

ガス缶を少し緩めてエア抜き。

エア抜き後ガス缶を再度締め付ける。

この時メーターが青範囲ならOK(補充の必要なし)

不足ならガス缶に穴をあける。

ガス缶の穴は小さくあけるのがコツ(メーターを見ながら蝶ねじをゆっくり回して、ちょっと針が振れたら穴あけは止める)

少し多目(ゲージの青上限まで)に入れてもよい。

ホース・チャックを外し約15~20分少し様子を見る。

様子見後再度接続して青範囲ならすぐ外してチャージ作業終了。足りなければそのまま再チャージ。多すぎたらガスを抜く(次の見出し以降を参照)

ガス圧を測定できるのでホースと缶は捨てない。

エアコンガスはどの程度入れる?青?黄?

エアコン内部の圧力は外気温によって変ります。そりゃそうですよね?なので理想は

1年中で最も暑い日に青上限いっぱい

が、理想なんです。だから1年の中で最も暑い日にエアコンの調整が行えればいいわけです。しかしなかなかそうはいきません。そこでわりと涼しい火にエアコンの調整を行う場合はある程度

サバ読み

して、今の涼しい時期ならメーター青の中以下くらいにセットするわけです。涼しい時に上限一杯にしてしまうと本当に暑くなった時にエアコンが高圧で止まる可能性が高いですからね。

エアコンガスは入れ過ぎてもあわてない

エアコンシステムは何らかの原因により高音・高圧になった場合システムが止まるようになっています。

なのでチャージ作業の途中でエアコンが止まったからと言ってあわてる必要はありません。要は・・・

ガスを抜けばいいのです。

ガス抜くとオイルも出る

高圧側でも低圧側でもムシを操作すればガスは抜けます。

今回使ったホースを使っても抜けますが、ガスと一緒に潤滑用のオイルも吹き出てきますので最初からウェスなど用意して、エンジンを停止してから抜いてくださいね。

エア抜きは必ず忘れずにやる

チャージホースのエア抜きをちゃんとやらないとシステム内に空気が混ざり色々トラブルが出てシステム内を一旦真空引きしてガスを入れ替える作業が必要になるので・・・

ホースのエア抜きは必ず行ってください。