不具合無くてもサーモスタットはサッサと交換!後生大事に使ってんじゃね~ヨッ

今回サーモスタットを交換しながら「・・・・そういえばだいぶ前から水温がおかしい時・・・あったよな」って考えていました。

水温計の針が妙に高い時、1回くらいあったと思うし逆に「今日はなかなか水温上がらないなぁ」って思った日はもっと・・・

たぶんサーモスタットの異常はだいぶ前から散発的に起きていたのかもしれません。今回は

“たまたま”

開放で固着したのと、時期的に暖かいのでエンジンが多少冷え加減だというだけで交換を急ぐ必要も無くのんびり作業できましたがいつもそうだとは限らないのもサーモスタットの怖いところなんですよね。

サーフの時は酷かったッ!

昔ハイラックスサーフに乗ってた時期がありましたがこのクルマとサヨナラするきっかけもサーモスタットでした。

真冬に妻や幼い子供と他県の山奥で急に水温が上がり出したので

「とにかく携帯電話の使えるところへ・・・」(昔山間では携帯の通じない地域も多かった)

っと思いながら土地勘の全く無いところを走っていましたが結局山中でエンジンは焼き付いてしまい停車・・・

近くの温泉宿からJAFに連絡した後エンジンのかからない寒い車中にいられないのでその温泉宿に避難。

1~2時間近くかかって修理工場の人が来てくれたが最寄りの駅までは送るけど自宅までは・・・

っということで子供をおんぶして必要な荷物を両手に持って電車で帰ってきたっけ・・・

誰にでも起こり得る

今回スペースギアの場合走行距離が31万キロでしたがあの時のサーフは14万キロ程度でした。

あの当時タイミングベルト車は10万キロでタイミングベルトを交換する時に

  • サーモスタット
  • ウォーターポンプ
  • プーリー

なども一緒に交換した方が良い!ってのは一種“常識”のように言われていました。

現在ではタイミングベルトのエンジンがだいぶ減ったせいか?あまり聞かなくなりましたがはたして、サーモスタットやウォーターポンプの寿命は飛躍的に伸びたんでしょうか?

きっとそんなことはないと思うんです。

実際僕は20万キロ代後半でプーリーのベアリングも交換していますし上記のうち無交換なのはウォーターポンプだけになりました。

30万キロ超は“稀”

僕のクルマはたまたま30万キロ以上もちましたがサーモスタットやウォーターポンプはそのクルマが

10万キロ超えの時点で交換すべきかもしれません。っと言うのは、

家もクルマも“水のトラブル”は一刻を争うから!

異音だとか黒煙だとか油漏れなどはスグに対処しなくてもとりあえずクルマは走ってくれますが、万が一冷却水の流れがSTOP!するような事態になれば・・・その場で即修理が必要になります。

しかもそのような事態に気付くのは恐らく・・・・

出先・・・ですよね?

どうすればいい?

現状なんともなくてもサーモスタットとウォーターポンプは予備を車載しておくのがイイと思います。特にサーモスタットは安価な上に小さいですから場所もとりませんしね。

交換も前回の記事で紹介したように意外に簡単です。12mmのショートソケットとラチェットがあれば自分で交換できるかもしれませんよ(サーモスタット交換の記事はこちら)

自分でできないにしても、かけつけてくれた修理屋さんにその場でスグに交換してもらえばいいわけです。普段修理に数日必要とされるのは要は

“部品待ち”なんですから。

クーラントの交換もお忘れなく

僕のスペースギアがサーモスタットにしろウォーターポンプにしろ30万キロ以上もったのは

冷却水を複数回交換している

っというコトと無関係では無いと思います。長い間クーラントを無交換のまま乗られているクルマのクーラントは本当に汚いですし

内部に錆も発生してまるで“ヘドロ”のような状態になっているものです。

でも今回サーモスタットを外した時に漏れ出たクーラントを見る限り僕のクルマのクーラントは非常にいい状態だと感じました。

エンジンオイルに関してはマメに交換する人でもクーラントは意外に・・・・

交換していないのではありませんか?

スペースギアもだいぶ古いクルマになってきました。恐らく現存する個体の多くは

10万キロ超えでしょう

ひとたびトラブればそこから動けなくなる“水のトラブル”ですからこの際

  • サーモ・ポンプ交換
  • クーラント交換
  • 予備の車載

などを考えた方がいいかもしれませんね。

外したサーモスタットが・・・

今回交換したサーモスタットをよく見てみると・・・

閉じてる?

てっきり開きっぱなしだとばかり思っていましたが外したサーモスタットはちゃんと閉じていました。

「じゃぁ何でオーバークールだったんだろう・・・」

っと思いながらよく見ると・・・んッ!?何だ?これは・・・

開閉する弁に何か黒いものがはさまっています。これは・・・どうやら本来この弁には黒いゴム製のようなゴムパッキンがあったのでしょう。

それが硬化して割れ、大部分が無くなっているようでした。しかしわずかに残っているので弁が完全に閉じることができずに水が多少動いていた・・・

っということ?そこでバーナーでサーモスタットを暖めてみました。すると・・・

ちゃんと弁が開きました。その後放置すると・・・・

閉じてる。

う~ん・・・結局今回はサーモスタットの“動作”ではなく“劣化したパッキン”のせいで水が多少循環するためにオーバークールになっていた・・・っという可能性が高そうです。

いずれにせよサーモスタットが“寿命”であることに変わりは無く、むしろ破損したパッキンが冷却系統に残存しているワケですから今後、これらが何か悪さをする可能性も考えられるので、やはりもっと早いタイミングで交換すべきだったのかもしれません。

有無も言わずに交換!

サーモスタットは機能的に不具合がなくても構成されている素材が機能の寿命に追いついていません。

ですから今何とも無くても交換暦がないのであればこの際交換されてはどうか?っと思います。

スペースギアのサーモスタットは奇跡的なほど簡単ですし部品も安いです。

スペースギアなんてどんなに高年式でももう10年は落ちるクルマ。20年以上の固体も多いでしょう。

もう無条件に交換しましょう。